ブランディングで

モノ・コト・ヒトを

耀かす

OUR CONCEPT

イルミナスのコンセプト

全ては企業、商品、サービスの価値の向上のために。ブランドのあるべき姿を探り、

様々な顧客接点で価値を可視化し差別性のある顧客体験をつくります。

OUR SERVICE

イルミナス の提供するサービス

ブランドの基礎を固める

自社、競合、市場、業界の動向などさまざまな視点から強みを見出し、プロジェクトの方向性を探ります。

ブランドの方向性を決める

 リサーチ、分析に基づきブランドコンセプトの構築やポジショニング、ブランドストーリーの作成を行います。

ブランドをデザインする

ブランドの考え方を、ロゴ、ビジュアル、店舗、ネーミングなどあらゆるタッチポイントに落とし込み視覚化をします。

ブランドを運用する

ブランドを、継続的かつ適切に運用し、浸透させるためのお手伝いをさせて頂きます。

BLOG

ブログ

 

ブランディングやデザインについて、ビジネスに役に立つ記事を配信しています。

デ・ブランディング(脱ブランディング)を考えてみる

こんにちは、こんばんは、はじめまして、イルミナスの常見です。最近アメリカではデ・ブランディング(debranding)=脱ブランディングを取り入れる企業があるという記事を読んだので、それについて少し考えてみたいと思います。 デ・ブランディングの例...

続きを読む

パッケージデザインとブランディング

パッケージデザインには大きく3つの役割があります。一つは、商品の特徴、価値を視覚的に伝える役割、二つめは他の商品との差別化、三つめはブランディングです。まず一つめの、商品の特徴や価値を視覚的に伝える役割、これはパッケージの表現にあたる部分で、ネーミングや商品ロゴのデザイン、ビジュアル、キャッチコピーなどです。

続きを読む

ブランドパーソナリティを考えてみる

ブランディング の考え方のひとつに、ブランドパーソナリティ というものがあります。パーソナリティとは直訳すると人格であり、人にはそれぞれ人格があるように、ブランドにも さまざまな特徴や個性があるというわけです。そのブランドらしさといっても良いでしょう。

続きを読む

カフェ・喫茶店のブランディング-ブランドの提供価値を考える-

ブランディング では「提供価値」という言葉がよく使われます。この提供価値について説明する例としてよく使われるのがスターバックスですスターバックスは自分たちの店舗を喫茶店やカフェではなくサードプレイスと位置づけています。第三の場所とは知り合いどうしが集い、コーヒーを飲みながらリラックスして交流をする場所です。

続きを読む

トーンアンドマナーをつくってみる

こんにちは、こんばんは、はじめまして。イルミナスの常見です。今回はブランドのトーンアンドマナーについて書いてみたいと思います。広告の仕事をしたことある人であれば、トーンアンドマナーと言う言葉を聞いたことがあると思います。トーンアンドマナーとは、その会社らしさを表現するビジュアルイメージであったり、デザイン全体の雰囲気のことを指します。書体や色使いもトーンアンドマナーをつくる要素の一つです。ブランディングを導入している企業であれば、程度の違いはあれトーンアンドマナーについてのルールを決めています。...

続きを読む

3C4P分析をやってみよう(4P編)

こんにちは、イルミナスの常見です。 今日は前回に引き続き、3C4P分析の4Pについて書いてみようと思います。4P分析とはそれぞれProduct(製品),Price(価格),Place(流通),Promotion(プロモーション)の頭文字を取ったもので、マーケティング・ミックスとも呼ばれ、商品開発やマーケティング戦略を考える際に役立つ手法です。マーケティング・ミックスの名の通り、各要素を単独ではなく要素間のバランスを見てそれぞれ適正かどうかを判断していきます。 ブランディングに活かすための4P/マーケティング・ミックス...

続きを読む

3C4P分析をやってみよう(3C編)

今日は前回のSWOT分析に引き続きブランディングの基礎をつくるための手法として、3C4P分析について書いてみたいと思います。まずは3C分析について。3CとはCompany(自社)、Competitor(競合)、Customer(顧客)の頭文字をとったものです。これにより、自社と自社を取り巻く環境を整理していきます。

続きを読む

SWOT分析をやってみよう

SWOT分析は会社を診断し、ブランディングや、経営戦略、マーケティング計画の立案を目的に考え出された手法です。Strength(自社の強み)Weekness(自社の弱み)Opportunity(自社に有利な外部環境)Threat(自社に不利な外部環境)のそれぞれ頭文字をとってSWOT分析と呼んでいます。項目はそれぞれ、プラス要素とマイナス要素、社内と社外に分かれています。

続きを読む
Power by

Download Free AZ | Free Wordpress Themes