デ・ブランディング(脱ブランディング)を考えてみる

デ・ブランディング(脱ブランディング)を考えてみる

デ・ブランディング(脱ブランディング)を考えてみる 最近アメリカではデ・ブランディング(debranding)=脱ブランディングを取り入れる企業があるという記事を読んだので、それについて少し考えてみたいと思います。 デ・ブランディングの例...
カフェ・喫茶店のブランディング-ブランドの提供価値を考える-

カフェ・喫茶店のブランディング-ブランドの提供価値を考える-

ブランディング では「提供価値」という言葉がよく使われます。この提供価値について説明する例としてよく使われるのがスターバックスですスターバックスは自分たちの店舗を喫茶店やカフェではなくサードプレイスと位置づけています。第三の場所とは知り合いどうしが集い、コーヒーを飲みながらリラックスして交流をする場所です。

ブランドになるということ

ブランドになるということ

イルミナスでは、ブランドをつくる(=ブランディング)ということをサービスとしてご提供させていただいております。ところで前回、ブランドとは結果的に「なる」ものではないかということを書きました。事実、誰でも知っている世の中の多くのブランド、たとえばトヨタや任天堂やユニクロなど多くの大企業やよく知られているブランドは、はじめからブランドになることを目指して創業したわけではありません。

ブランドをつくるということ

ブランドをつくるということ

ブランドをつくる、と聞くとブランドはつくるものではなくて、長い時間をかけて結果的にできるものだと考える人は多いんじゃないでしょうか。もちろんその理解は正しいのですが、将来ブランドになることを想定し、一つの方向性を持って計画をたて設計していくことがブランドをつくるということであり、ブランディングと呼ばれる手法です。また、すでに確立しているブランドも、それを維持するためにブランドマネージメントを行っている企業もあり、それも含めてブランディングと呼びます。

ブランディングって何?

ブランディングって何?

イルミナスはブランディングデザインの会社です。ブランディングを業務とするからにはまず、そもそもブランディングって何?というところから始めるのが良いと思い、初投稿のテーマとして選ぶことにしました。

Power by

Download Free AZ | Free Wordpress Themes